シミは自分が気づかないうちにひっそりと出来ていることがあります。
できたシミを見て、びっくりすることも珍しいことではありません。

シミにはさまざまな治療方法がありますが、最終的にはやはり自分の肌に合う化粧品でコツコツと美白ケアを続けることがシミの変化をチェックしやすいですし、何よりも人任せにしているのではなくて自分でケアをしている実感を感じられます。

そしてどの化粧品が実際にできたシミを改善してくれるのかも検証できますし、良いと思った化粧品を信頼して使い続けることができます。

できたシミを改善できる化粧品は本当にあるのでしょうか?

美白化粧品なんて本当に効果があるのか不安になる方もいますし、一時的な効果しか得られないかもしれないと思う方もいます。
これは単純な不安ではなくて、白斑問題が起きたことにも影響していて、良かれと思って美白ケアをしていても不安が付きまとう原因になっています。

白斑問題と言うのは、カネボウの美白化粧品を使った方の中で肌がまだら状に白くなる白斑の症状が出たと言うものです。
この被害によってカネボウは一部該当商品の回収を行いましたが、これは美白化粧品そのものが肌に浸透している証拠にもなったと言う説もあります。

白斑問題のことを考えると美白化粧品は肌に何らかの影響や効果を与えていることがわかりますが、実際に使用を続けることが不安にもなります。
美白化粧品を使用する時には安全性が認められているものを使うと共に、成分などもチェックすることが重要になります。

シミには種類があります

シミは大きくわけて5種類に分かれます。

・老人性色素斑:一般的なシミ
・肝斑:女性ホルモンの影響によるシミ
・色素沈着:ニキビや何らかの傷などが原因のシミ
・脂漏性角化症:紫外線や何らかの摩擦で起こるシミ
・太田母斑:原因不明のシミ、アザに近い症状が多い
・雀卵斑:そばかす

この中でも多く見られるシミは、老人性色素斑と肝斑です。
これらの原因は紫外線と女性ホルモンと言うことなので、女性の多くが経験すると言われていますし、両方のシミがある場合もあります。

美白化粧品のそれぞれのシミに対する効果とは?

シミのタイプによっては美白化粧品の種類も変わってきます。
どうしても原因別の対処が必要ですから、これは仕方のないことです。

老人性色素斑は初期のものなら美白化粧品の有効成分が効果を発揮します。
時間の経過したものでもじっくりケアすれば改善が見られることもあります。

肝斑は専用美白化粧品が有効です。
レーザー治療などはNGでトラネキサム酸配合の美白剤などを併用すると良いと言われています。

色素沈着は美白化粧品の中でもビタミンC誘導体が配合されているものが有効です。
脂漏性角化症は残念なことに美白化粧品の効果は期待出来ません。
美容皮膚科などへ相談する必要があります。

レーザー治療はシミに有効なのでしょうか?

レーザー治療はシミ取りにも良いと言われていますが、先にも触れたようにシミの種類によっては効果があるものとないものがあります。
レーザー治療によって悪化してしまうものもありますので、安直な考えからの治療は不向きです。

早期にできたシミを改善するならレーザー治療よりも美白化粧品の方が良い場合もありますから、シミができたと自覚があれば、まずはその症状に合った美白化粧品を使ってみましょう。
最低でも美白化粧品を1本は使い切るくらいは我慢して様子をみることも大切です。

できたシミを細胞レベルでチェックする方法

美白化粧品を使いながらできたシミの状態を確かめたいと思うことがあります。
良く化粧品売り場の店頭でスキンチェックをしていますが、それでは細胞レベルまでは達しませんので、ポーラのスキンチェックを受けてみましょう。

ポーラのスキンチェックは実際に肌細胞を採取して研究所で分析すると言うものなので、かなり本格的です。
期間はおよそ2週間から3週間ほどかかりますが、自分の肌状態とシミの状態を確認できる方法なので、利用してみると良いです。

シミに効果的な成分とは?

シミに効果的な美白成分がいくつかありますが、代表的なものでは次のようなものがあります。

・ハイドロキノン
・アルブチン
・ビタミンC誘導体

これらの成分は良く美白化粧品にも使われているものです。
それぞれに特徴がありますが、これらの成分がバランス良く配合されている美白化粧品を使うことがベストだと言えます。

PR:スラリーフでスラっとした体系をめざしませんか?

できたシミを改善できると噂の美白化粧品

できたシミを強力に美白してくれる化粧品があれば良いなと思う方は本当に多くいます。
巷で人気があり、シミに効果があると言われているものには次のようなものがあります。

・ビーグレンホワイトケア
・ディセンシアサエル
・アスタリフトホワイト

この3種類の中でもビーグレンにはハイドロキノンとビタミンC誘導体が配合されています。
美白効果が強い、または効果を実感できると評判のホワイトケアです。